スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
SOUP CURRY 心 ザ・ダイヤモンド店
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ

先月オープンしたスープカレー専門店「心」
入店はこれで2回目である。

外観

女性が1人でも入れるカレー屋を目標に全国展開し、
スープカレーの発祥の地、北海道(札幌)に本店を構える。
横浜への出店は、ここ横浜駅西口地下街にある
「ザ・ダイヤモンド店」が初めて。
清潔感あふれる店内は、テーブル席とカウンター席に
わかれていて、どこかカフェっぽい雰囲気が漂う。
やはり、入りやすいのか?
この日も黙々と食べる女ヒトリスト(1人)の姿を多くみた。
横浜のクチコミ情報は人気ランキングで!

NEW OPENの店贅沢グルメな店デートに使うお洒落な店食べ放題がある店飲み放題がある店夜景のキレイな店雰囲気自慢の店

>>SOUP CURRY 心 ザ・ダイヤモンド店の続きはこちら
スポンサーサイト
横浜東口地下街ポルタ 匠 -Jang-
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
匠 -Jang-

横浜中華街「菜香」の系列、
担担麺と麻婆豆腐の専門店 <匠~Jang~>

外観

匠と書いて、じゃんと読む店は、
横浜東口地下街ポルタにある。

京風スパゲッティー 先斗入ル ヨドバシ横浜店
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
先斗入ル ヨドバシ横浜店

洋麺屋 五右衛門の日本レストランシステム
「京野菜」をコンセプトに展開しはじめた店で、
東京、名古屋、福岡にも数店ある。
ヨドバシに行ったついでにサクっと初入店してきた。

外観


先斗入ルと書いて、ぽんといると読む。

京都の住所を感じさせるような店名に
本店は先斗町にあるんだろうと思いきや、
のれんには四条通河原町と書いてある・・^^;
あまり深い意味はなさそうだ(笑)

店内

店内は、黄と黒を基調としたジャパニーズモダン。
出格子(でごうし)があることから、
京都の町屋をイメージしているのでは?
そんな落ちついた雰囲気が漂う。

鹿児島ラーメンとさつま料理専門店 我流風(がるふ) 横浜ベイクォーター店
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
我流風(がるふ)

横浜では、横浜ベイクォーターが初出店だという。
空いていたので、試しに入ってみた。

外観

店内

店内は、横並びの対面席とテーブル席で構成
されており、大きな窓、高い天井、明るい雰囲気は、
ゆったりとした空間をつくっていた。

厳選素材のスープがご自慢の 「濱風」
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
濱風

大きな赤看板が目印!

市営地下鉄「高島町」駅から2分、
京急線「戸部」駅からだと3分の位置にある濱風。
車で行くにはちょっと不便な立地だが、
平日の夜でもそこそこ繁盛はしている。

外観

明るい雰囲気の店内は、カウンター席とテーブル席で
構成されており、15~16人も入ればいっぱいになって
しまう小さな店だ。

この日は、大好きな"たまごラーメン"と
餃子を注文することにした。

沖縄時間(うちなーたいむ)の格安ランチ
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
沖縄時間

横浜東口地下街ポルタにある「沖縄時間(うちなーたいむ)」
という沖縄料理屋でランチをした。

沖縄時間(うちなーたいむ)


ここのランチの良いところは、

駅から近いので何かと利用しやすい。
平日に限らず、土・日もやっている。
1,000円でお釣り!本場の沖縄料理が堪能できる。
カスタマOK!豊富なランチメニュー

という点かな・・。

ゴーヤー定食 850円

ゴーヤー定食


ゴーヤーチャンプルー(苦瓜の炒め物)の他に、
小鉢、ご飯、お味噌汁、お新香がついてくる。
この日は、定食についている白ご飯をやめて、
ジューシー(炊き込みご飯)にグレードアップしてみた。
※定食料金に150円を加算
味は普通だが、ボリューム的に満足させられる。

裏横浜のお好み焼き処 琴ひら
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
琴ひら 

この近辺でありそうで無かった、お好み焼き処のオープン
裏横に新たな風を吹き込んでくれた味を試しに行ってみた。

外観

土地勘がない方は、地図を持参したほうがいいかもしれない。
裏路地にあって、少々分りづらい。

店内

のれんを潜ると木の温もりが感じられる空間が広がる。
店内は、座敷席とカウンター席にわかれていた。
靴を下駄箱に預け席につくと、らしからぬコックコートに
身をつつんだスタッフの姿がチラっと目に飛び込んできた。
鎌倉パスタ ヨドバシ横浜店
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
鎌倉パスタ ヨドバシ横浜店

ヨドバシ横浜の地下2階レストランフロアにある
生麺工房 鎌倉パスタ。
美味しいパンが食べられる、あのサンマルク系列の店だとか。
きっと麺にもこだわりがあるんだろうな・・。
生パスタという言葉に惹かれ、行ってみることにした。

看板

店の入口


崎陽軒のシウマイ弁当
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ
崎陽軒のシウマイ弁当

シウマイ弁当横浜の駅弁、言わずと知れた崎陽軒の弁当を久しぶりに食べてみることにした。いつもは素通りの売店だが、この日は観光客気分で立ち寄ってみると、シウマイ弁当は残りわずか、その他の弁当はすべて完売だという・・うっ、残念。こんなに人気があるのか?崎陽軒と改めて認識させられた。まっ、そんな訳でして選びようがないので今日の晩御飯は名物のシウマイ弁当に決定!ちなみにこの弁当、時代に合わせておかずを変えていることでも有名。では、現在の中身はどうなっているのでしょうか。

弁当の中身はこんな感じ  さらにアップ

シウマイ(5個)、玉子焼き、鮪の照り焼き、蒲鉾、鶏唐揚げ、筍煮、あんず、切り昆布、千切り生姜、白俵型ご飯(無着色小梅、黒胡麻)ってな感じで意外と盛り沢山。相変わらず冷めていても旨かった。この味・質ならば710円払っても損はないかと。(駅弁レベルで)また、機会があれば他の弁当も食べてみようと思う。
炭火焼ジンギスカン 羊群
hamajio濱次郎の横浜ぐるめ 横浜駅周辺
炭火焼ジンギスカン 羊群

炭火焼ジンギスカン「羊群」ジン♪ジン♪ジンギスカ~ン♪
なんか流行っているみたいですね、ジンギスカン。独特な臭みが苦手で今まで敬遠していたけど、最近の専門店はちょっと違うらしい。とある雑誌によると生後1年未満の子羊の肉、ラムが支流だそうであまり臭みは気にならないだとか・・ホントか?自分の舌で確かめてみないと気が済まないタイプなもんで行ってみる事にした。が、あまり興味のない料理だったのでいざ行こうとしても、店を知らない・・_| ̄|○ こういう時はまずはググってみる。「ジンギスカン」で検索してみると、でるわ!でるわ!もしかして増殖中なのか!?今年にオープンしたお店が比較的に目立った。過去のもつ鍋と重なるのは自分だけなのか?改めてブームの凄さを知った。そこからターゲットを横浜駅界隈に絞り、数ある専門店の中で一番行きたくなったのが紹介する炭火焼ジンギスカン「羊群」である。8月15日にオープンしたばかりのラム肉の質を追求したジンギスカン専門店らしい。

店内の様子ここは人気店なのか!?店の外にはお待ち用の椅子が並ぶ。 また、清潔感が感じられる店内にはレトロなポスターが貼られていた。

タレと塩席につくとすぐにタレと鷹の爪(とうがらし)が入ったつけ塩が運ばれてきた。タレをひとなめしてみると・・これがウマー!!この時点で高得点をたたきだす。この甘いタレなら、若干の臭みもカバーしてくれそうだ。

まずは「ぐるなび限定の裏メニュー」を注文。
内容はメニューには無い美味しいとこだけ集めた羊肉3種と野菜(1人前)、グラスワイン(赤or白)がセットになったもの。これでひとり1,000円とはかなりお得感がある。店のメニューを見てみるとこの裏メニュークーポンを使わないかぎり肉と野菜がセットになったものは無い。肉と野菜はそれぞれ別注文するみたいだ。野菜(単品)は見た感じ、かるく2人前ぐらいはありそうなので、1人でサクっと食べたい方はこの裏メニュークーポンを活用したほうがいいかも。
※こちらの裏メニューは終了しています。(2006年6月現在)

羊群のお得なコースメニューはこちら



夜景にうっとり!地上210m以上に位置する天空ホテル
宿泊は横浜ロイヤルパークホテル