スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
横濱媽祖廟
hamakoHamako Walker 2006 #01
横濱媽祖廟 (よこはままそびょう)

都合により、長らくお休みをしてしまいすみませ~ん!
また再開しますので、よろしくお願いします<(_ _)>ペコリ
それでは、2006年版、第一弾のHamako Walkerは・・。 横浜中華街の新名所!3月17日(金)に開廟した、【横濱媽祖廟】のご紹介です☆

媽祖廟

媽祖様、まだ日本では馴染みが少ない?それとも平日だから?
この日は混雑もなく、ゆっくり過ごすことができました。

媽祖廟


きれいですね~ピカピカ
色彩豊かな建物に目は釘付け(≧∇≦*)

媽祖は、およそ千年前の北宋時代に実在した福建省・林氏の娘です。小さい時から才知に長け、10歳の頃には朝晩欠かさず念仏を唱え、16歳で神から教えと銅製の札を授けられたといわれています。神通力を駆使して、むしろを用いて海を渡り、雲に乗って島を巡回し、札の力で悪や災いを退け、病を治す彼女を人々は「通玄の霊女」と尊敬の意をこめて呼ぶようになりました。人から神となった媽祖は、航海を護る海の神様のみならず、自然災害や、疫病、戦争などから護る女神様として世界各地で信仰されています。 ~パンフレットより~
横浜のクチコミ情報は人気ランキングで!

NEW OPENの店贅沢グルメな店デートに使うお洒落な店食べ放題がある店飲み放題がある店夜景のキレイな店雰囲気自慢の店

>>横濱媽祖廟の続きはこちら
スポンサーサイト
山下公園 「赤い靴を履いた女の子」の悲しい秘話
hamakoHamako Walker 2005 #05
赤い靴を履いた女の子

山下公園山下公園は、関東大震災の復興事業のひとつとして瓦礫を埋め立てて造成された日本で最初の臨海公園だと言われています。大桟橋の入口から山下埠頭までのおよそ1キロメートルの長さで海岸に面しており、面積は約7万平方メートルを有する。また、中華街、元町、山手などにも近く、横浜観光の拠点としても人気がある公園です。その公園内の随所には彫刻やモニュメントが設置されており、誰でも一度は耳にしたことがある童謡「赤い靴」のモデルとして作られた「赤い靴の女の子」の像があることでも有名。その「赤い靴を履いた女の子」には涙なしでは語れない悲しい秘話があるのをご存知でしょうか。『Hamako Walker #05』ではその秘話についてご紹介します。




作詞:野口雨情 作曲:本居長世


1 赤い靴はいてた 女の子
  異人さんに つれられていっちゃった

2 横浜のはとばから 船に乗って
  異人さんにつれられて いっちゃった

3 今では青い目に なっちゃって
  異人さんのお国に いるんだろ

4 赤い靴見るたび かんがえる
  異人さんにあうたび かんがえる


結構多いとは思いますが、私も幼き頃「異人さん」という言葉が理解できずに思いっきり「ひいじいさん」と歌っていた一人です(笑 この歌はご存知の通り、赤い靴を履いた女の子が異人さんに連れられて外国に行ってしまう物語仕立ての歌詞となっています。長い間、赤い靴を履いた女の子は異人さんとともに外国で暮らして居るものかと信じてきたのですが、実際は違いました。

では、どういうことなんでしょう。



夜景にうっとり!地上210m以上に位置する天空ホテル
宿泊は横浜ロイヤルパークホテル