スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
工作船事件はどのように起きたのか?
hamakoHamako Walker 2005 #03
横浜海上防災基地


平成13年12月22日、午前1:10
海上保安庁は九州南西海域で一隻の不審船が航行中との情報を防衛庁から入手し、直ちに巡視船、航空機を現場に急行させるとともに特殊警備隊の出動も指示しました。

午前6:20 発見・追跡
海上保安庁の航空機が国籍不明の不審な漁船を発見し、追尾開始!正午過ぎには巡視船[いなさ]が現場に到着しました。現場から、漁船タイプの船型にもかかわらず煙突から煙がでていない、船尾に観音開きの扉状のものが認められるなど不審な状況の報告があがり、工作船である可能性が濃厚であると判断されました。

午後1:12 停泊命令・威嚇射撃

午後4:13 船体への威嚇射撃
上空及び海面への威嚇射撃によっても工作船が停泊しなかったために
巡視船[いなさ]により威嚇のための船体射撃が開始されました。※人に危害を与えないために射撃場所(船首・船尾)を伝えての実施。逃走中の工作船乗組員は中国旗のような赤い旗を振りかざすなど中国船に偽装したり、また、海面へ証拠物と思われる物件を投棄しました。

午後10:09 工作船からの攻撃、自沈
工作船の進路方向に漁船団らしき大きな塊をレーダーで確認!逃走されるおそれがあるため、巡視船二隻により挟み撃ちしようとした直後、船橋後部で隠れていた数名が、いきなり、巡視船に対し自動小銃、ロケットランチャー等複数の武器で攻撃してきた。この工作船の攻撃により、巡視船[あまみ]の乗組員3名が負傷。船橋内のレーダーなどの機器も破壊されました。この攻撃に対し、直ちに巡視船[あまみ][いなざ]が正当防衛射撃を行い、3分しないうちに自爆と思われる爆発を起こし、工作船は沈没しました。

その後、水深90メートルの海底から工作船を引き揚げ、合計1,032点に及ぶ証拠物を回収、同船の乗組員10名を海上保安官に対する殺人未遂罪等の容疑で書類送検しました。(不起訴処分確定済み)捜査の過程で、同船が北朝鮮の工作船であったこと、また薬物の密輸入に関与していた疑いが濃いこと等が判明しました。

参考:パンフレットより


>>他の旅行ブログをみる(・∀・)
スポンサーサイト


夜景にうっとり!地上210m以上に位置する天空ホテル
宿泊は横浜ロイヤルパークホテル








COMMENTS
Thanks comments !
Write a comment ?
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
TRACKBACKS
This entry's trackbacks URL
Thanks trackbacks !
管理人の承認後に表示されます
2007/02/05(月) 05:44:14 |
[管理者用]
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.